Masterclass
マスターコース
 シチュエーション・メソードについて
Nandor Götz

Götz Nándor 【グッツ・ナーンドル】 クラリネット・サキソフォン奏者、作曲家

 
1991 年リスト・フェレンツ音楽大学卒業。

音楽大学時代には何度もユーディ・メニューインが指導する国際オーケストラにパリにて参加。

1990 年夏、シシリーのトラーパニにて開催された国際室内楽コンクールでは当時メンバーであった
「アカデミア」管楽器五重奏が現代音楽部門特別賞を受賞する。

1994 年から2000 年は、ケルンの Musikfabrik 現代音楽グループにてクラリネットのソロを担当。
現在はハンガリーのIntermodulácio、フランクフルトのEnsemble Modern やウィーンのKlangforum
Wien など、複数のアンサンブルで演奏している。

Mauricio KAGEL、Hans ZENDER、EÖTVÖS Péter、 Diego MASSON、Earl BROWN、 Luciano
BERIOT など著名な作曲家や指揮者ともコンサートを重ねた。

1994 年からはハンガリー・コーラルクインテットと Götz Saxophone Quartet の芸術監督。ソリスト
として、そして室内楽奏者としてヨーロッパの国々ほぼすべてを回り、更にヨルダン、アメリカや日本
でも演奏活動を続けている。特に日本では定期的なコンサートの他にマスターコースで教鞭をとり、
指揮者としても活動している。1998 年、1999 年にはザルツブルグ音楽祭にてKlangforum Wien の
ゲストアーティストとして出演を果たしている。

 

ハノーヴァー万国博覧会2000 では、作曲家Mauricio Kagel から自身に捧げられた曲Burleske
をWDR コーラスと共にサキソフォンで演奏、初演を果たした。

 

スタジオ・コンサート録音は次のラジオ局が作成した:マジャール・ラジオ、 WDR ケルン 、 Maison
de Radio France パリ, ZDF Zürich, Radio FIN 等。

リリースされた音源: Chamber music by Harrison Birtwistle (CPO 1995)

  • Rebecca Saunders: Quartet (WDR-Kairos 2001)
  • Satie-Xophone:Ravel, Satie, Debussy 各曲
  • /Götz Nándor【グッツ・ナーンド ル】編曲 / Hungaroton Classic HCD
    31763)
  • Sáry László: Dance music (BMC 2003)
  • Ph. E. Bach : Concertos /Capricco/
  • Sounds at an Exhibition ( Götz Saxophone Quartet)

 

1991 年から1994 年にかけブダペストの Bartók Béla【バルトーク・ベーラ】高等音楽学校でサキソフ
ォンを教える。

1994 年から1996 年はLiszt Ferenc【リスト・フェレンツ】音楽大学で助教授として勤める。

2000 年からはWeiner Leó 【ワイナー・レオ】高等音楽学校にて国内初のクラシックサクソフォン学科
を設立、学科長としてクラシックサクソフォン学科をリードするようになったのは、サキソフォンをクラ
シック音楽の演奏楽器として認められるよう、また、サキソフォンの高校・大学教育を受けられるよう
に活動してきたなかでの大きな成果である。

作曲、編曲は1992 年から手がけている。舞台と音楽との関係に特に注目した上での、新しく独
自の音・創造の境地を開いている。現在は舞台劇、音楽劇、さらにモダンバレーの各要素を取り入
れた新ジャンル創作に取り組んでいる。

公演済みの舞台劇 : 「一杯の水」(原題:Egy pohár víz) / E. Scribe の喜劇のための伴奏音楽
を室内楽で/ (初演: Madách Színház 【マダーチ劇場】2003 年 )

「江戸時代の影」(原題: Árnyak az Edo korszakból )- 動画と楽器のためのファンタジー - 初演:
2006 年長野、日本。

「アントニウスの剣」(原題:Antonius kardja )/ クロスオーバーオペラ/
この作品は2005 年のサンフランシスコ・シアターフェスティバルの「ゲスト」であった。

Bálint Ágnes【バーリント・アグネシュ】: 「某ねずみの日記」(原題:Egy egér naplója) /伴奏音楽
– Budapest Bábszínház 【ブダペスト人形劇場】2007 年 /

「ピーナツとアーモンド」(原題:Mogyoró és Mandula) /伴奏音楽 - Budapest Bábszínház 【ブ
ダペスト人形劇場】2008 年/

その他 : In Memoriam Albert Schweitzer – 映画音楽 2007 年 – Götz Nándor【グッツ・ナー
ンドル】の器楽教育のためのシチュエーション・メソッド 2010 年

グッツ・ナーンドルは器楽教育のための「シチュエーション・メソッド」を2009 年に作り上げた。

このメソッドについての初めての講義は2011 年2 月28 日に、ブダペストのリスト・フェレンツ音楽大
学にて行われた。

 

 

 

Design by Peter Ankner
 
Home